和食の基本は素材と出汁です。伊豆の旬な食材と、前日からじっくり仕込んだこだわりの出汁を使い、二代目主人自らが美味しいと「信じた味」にこだわり、温かい料理は温かく、冷たい料理は涼しげに、一品ずつ丁寧にお作りしております。

須崎名物の「日戻り金目鯛」は地元漁協からその日のうちに仕入れ、また初代主人が「こはじ丸」にて下田沖合に出てヒラメ・カサゴ・アジなどの季節の魚を釣り上げます。冬場は伊勢海老漁の網に一緒にかかるメジナ・ブダイ・カワハギなどを、地元漁師からその日に直接仕入れることもあります。

黒潮で育った数多くの魚介類や自家野菜はもちろん、東京での修行時代に培った仕入先の協力により、ハモやフグなど他の民宿では味わえない多彩な食材もご提供しております。

全七品(先付け・前菜・お刺身・焼き魚・温物・揚物・香の物)が基本献立となっております。

現在ご提供中のプランはこちら

 

<サザエ・アワビ・トコブシ>
地元の海女さんたちが海へ潜り、その日に取れた貝類を、刺身や踊り焼きなど、お客様のご希望に添って調理致します。

<鱧(はも)料理>要予約
関東では馴染みのない京料理に代表される魚ですが、二代目の技によって作り出される繊細な味、香りをご賞味ください。

<すっぽん>要予約
温暖な気候の下田で養殖されたすっぽんを使用し、濃厚で旨みのあるスープはコラーゲンを豊富に含み、美容効果抜群です。

 

<伊勢海老>
この地方ならではの産物としても有名で、期間中は伊勢海老祭りが開催されます。刺身、鬼がら焼き、ボイルの調理法からお選びください。

<高足ガニ>
南伊豆地方特産「高足ガニ」をまるごと1杯お召し上がりください。もちろん冷凍ではなく活き高足ガニです。

<河豚(ふぐ)>要予約/四名様よりご提供/時価
フグ刺、フグチリ、唐揚げなどのコース料理でご提供しております。

二代目主人 小川浩史(おがわひろふみ)プロフィール

昭和47年9月22日 須崎生まれ
祖父・父・母・妻・息子三人の8人家族
趣味は茶道とゴルフ(初心者レベル)

平成3年 高校卒業、東京神楽坂「割烹 千代田」入店
平成8年 ふぐ調理師免許取得
平成10年 東京三田「ふぐ料理 山田屋」入店
平成12年 東京神楽坂「割烹 千代田」再び入店
平成13年 帰郷し「割烹民宿 小はじ」を継ぐ